読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の肌を保つために

美肌のための美容情報をまとめていきまーす

美容施術


男性が女性化し、女性が男性化しているという話があります。
男性も美しさが、女性も逞しさが求められていくということなのでしょうか。
美容施術の一つアートメイクは男性にも人気。
実力が一緒だとビジュアルの違いが勝敗を分けてしまうかもしれません。
そりゃ見た目仕事が出来そうでさわやかなイメージならそちらが選ばれる可能性が高いでしょうね。
眉毛に色を足すと見た目の印象がかなり変わってくるようです。
確かに眉毛が綺麗だと顔も綺麗にみえることがあります。
そんなアートメイクについて少し気になりますよね。
美容皮膚科クリニックのページに結構詳しく書いてありました。

kawaguchi-clinic.com

集団心理


そんなびしょ濡れのからだでサイレンが鳴っても、部屋に戻ってすぐに出てこられるわけないじゃない?
案の定、サイレンとともに集まって列をなしているのは日本人ばかり。
30分ぐらいしてから、ようやく欧米人たちが陽気におしゃべりをしながらデッキに下りてきたそうよ。
「ある意味、ものすごく国民性が出ていて面白かった」って知人はいっていたけれど。
その反面、集団心理って怖いのよ。
昔から、「ガキ大将は、ひとりじゃ悪さができない」というけれど、まさに子分を引ぎ連れていないとダメなのよ、彼らは。

日本人のマナーのよさ


でも違う国の人なんて平気で割り込んできたり、後ろに人が詰まっていても、
窓口でいつまでもねばったりしているの。

日本人のマナーのよさは、世界の中でもピカイチだと旅行会社の人から聞いたことがある。
このあいだ、私の知人がメキシコのクルーズツアーに行ってきたのだけれど、乗船すると最初に避難訓練があるんですって。
ウーッとサイレンが鴫ったら、部屋にあるライフジャケットを身につけてデッキに集まるの。
ところがね、アメリ力人なんて乗船したとたんにプールに入ったり、お酒飲んだりしてるんだって。

いい女は群れない


日本人ほど集団行動が好きな国民はいない、とよくいいますよね。
子どものころから集団下校やらクラス対抗リレーやら、
とにかく「みんなで一丸となって、和を乱さずに」っていう教育を私たちは受けてきているでしょう。

集団の中にいると落ち着くっていうのがどこかにあるのね。
たとえば、外国で列車の切符を買うにしても、日本人はおとなしく一列に並んで待っている。

ロングセラーを使う

肌に直接使うもので、茶のしずくのような問題が起きるのは絶対にあってはならないのですが、肌には個人差も大きいので、絶対に安全とは言えないのも事実です。

では、どうすればそのリスクを少しでも減らせるのでしょうか。

成分は化粧品のパッケージに多い順に書かれていますが医師が見てもすぐに良さや悪さを判断できるわけではありません。

比較的安心できるのはやはりロングセラー商品を使うことです。

なにかと新しいものは心ひかれますが、トラブルが起きるのは新製品が一番リスクがあります。

肌との相性を考えて信頼できるものを使いましょう。

肌トラブルが起きてしまったら

茶のしずく石けんによる事件は、残念ながら誰にでも起こり得るものでした。

通販とはいえ誰でも買うことができ、誰でも手に入れることができたのです。

消費者は製品の成分が十分に臨床されているかなんて知ることはできないでしょう。

実際に自分の肌に異常が出た際は、何が原因かもすぐにはわからないことがほとんどなのでまずは美容皮膚科へ相談に行きましょう。

また、日常的に通うクリニックを作っておくのも良いです。

定期的なカウンセリングで肌の異常を見抜いてもらえるかもしれません。

茶のしずく事件②

実際に加水分解コムギタンパクは茶のしずく以外の他社の化粧品にも数多く含まれてい
ますが、今回のような事件に発展したのは茶のしずくのみです。

加水分解コムギタンパク」そのものには大きな問題はなく、直接的な原因はやはり茶のしずくそのものにあったのではないか、という意見もあったほどです。

実際には同じ成分名でも由来によって差があり、茶のしずくの加水分解コムギタンパクの原材料が良くなかったようで、大きな問題が発生したようです。

なぜこの事件が避けられなかったのかは今でも謎が多いです。